読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっとここにいるよ

SKE48・KAT-TUN好きなヲタ。育児についても書いていけたら…と考え中。

ジャニヲタの私がSKEヲタになった理由

周りをジャニヲタにさせた、周りの人がなった、というブログをここ数日沢山目にしてきたので、逆にジャニヲタから女子アイドルヲタになった自分のことを書きたいなと。朝の通勤電車だけで書いてたら、5日間もかかってしまいました。

  • 素質

そもそもジャニヲタなので、元々素質は十分です。Mステはもちろん毎週録画なので、一緒に出ていれば1度は見ていたので、AKBの選抜メンバーぐらいは顔と名前は一致していました。選抜総選挙も録画してみていたし、マジすか1.2見てました。ドキュメンタリー映画も1はテレビで、2は映画館まで観に行ってた。この時点で側から見れば、かなりAKB好きだと思われると思うけど、推しメンとかはいなかったし、「現場に行く」予定もつもりもありませんでした。48Gのチケットの仕組を知らなかったこととか、一緒に行く友達がいないとか、色々理由はあったと思うけれど、ジャニヲタだから資金がない。というのが最大の理由だと今になるとわかる。

  • きっかけ

そんな私に現場に行く機会が出来たのが2013年夏。聖担だった私はその年、春になっても夏になってもツアー案内が来ないのでライブ行きたい症候群発症。ツアーにお金を注ぎ込むこともなかったから、お金の余裕も多少はある!そこに同じ支店の同期が「AKBのドームツアー行きたいけど、一人で行くのは…」という話ていたので、「コンサート行きたい!」と便乗。ちなみに宮澤佐江ちゃんとSKEの古川愛李ことあいりんを推しメンとしている友達。キャンセル待ち当選を経て、友達の二本柱の会枠にて当選。二人揃って、有休を取り参戦。

前に彼女が武道館に行った時はギリギリに着いて列の並び具合にグッズを諦めたというので、私は早めに行ってグッズ買ってから心斎橋辺りでランチすることを提案。パンフを買うって決めてたのに、入らへんサイズの鞄持参の友達の分も自分のショップバックに入れるというジャニヲタあるあるを展開。

ただ、48Gについてはまだまだ初心者。事前に福岡と北海道のセトリは確認していたものの、場所に寄って変更があり、特に京セラでの公演やった為にメジャー曲以外はNMBメドレーとかメンバーが出る曲が多かったこと、京セラドームの為 スタンド最前列でも大量のメンバーを判別できず。でも、久しぶりのアイドル空間にテンション上がって、何となくでずっとコールし続けたから、めっちゃ疲れたけど その分楽しかった!あと、十数年のジャニヲタ人生で百公演以上入っても取ることなかったサインボールをゲットできたことはビギナーズラックでしかない出来事。「また機会があったら連れて行って」と帰ってからLINE。

  • 加速

のはずが、京セラ後から約10日後の名古屋ドーム公演でSKEの名古屋ドーム単独公演と神戸・横浜公演決定。京セラでSKEの出番が少なく物足りなかった友達から「SKEやけどとれたら行く?」と聞かれ「神戸行きたい!」と即返事。 2ステあると聞き、神戸申込開始当日にチケットセンター登録。SKEについての知識はシングル曲ぐらいしかなかったので神戸までに、メンバーのやってるアメブロや公式サイトをチェックして名前とかキャラクター覚えたり、つべ漁ったりと急加速。長年デビュー組担をしているし、引越してBSが見られなくなってからはJr.の番組を見ることも減ったので久しぶりの経験はとても新鮮で暇があれば検索して知識を吸収する毎日。

  • 推しメン発見

そんな毎日の中で見つけてしまいました。推しメンと言いたくなる子。自分より9コも年下の当時高2の古畑奈和ちゃん。でも、あまりにも年下過ぎて、なかなか認められませんでした。

ジャニヲタとしての私は、渋谷すばる田中聖2人しか担当してたと言える人いないのだけど、というかいないからか、担当は年上と勝手に決めていて。でも、48Gはほとんど年下(私は現27歳)。あれだけの人数をしきっている総監督のたかみなですら、年下という現実。だから、しょうがない。

可愛い子は可愛い、気になったら大好き!になっていくのが早いタイプなので、神戸公演のグッズ売り場で友達に「奈和ちゃんが好き」ということを告げました。

「嬉しい!一緒に行ってもらって、いいのかな?と思ってたから」

と言われて、もっと早く言えば良かったと思いました。

そこからは神戸公演を皮切りに名古屋ドーム初日・リクアワ初日1公演。平日は仕事で有休も取りにくいから、公演になかなか申込めないのが難点。今年はツアーでKⅡ神戸、翌週はミュージカル49を2公演、再来週はKⅡ石川となかなかの充実ぶり。



この時間と、ヲタ資金が生まれたのは言わずもがな担当の脱退が1つの要因です。その時は泣いたし、色々なことを考えたし、別のブログに思いを書きました。今でも、この先も忘れることはないです(重い感じですいません)。

でも、すごくポジティブに言うと 新たな世界や人との出会いだったなと思ったりもします。


今から、SKEのドキュメンタリー映画で私のまだまだ知らないSKEを勉強してきます。次のエントリーは感想を書けたら。


友達と合流したので、

ブログタイトルは後ほど変更します←